作詞講座24〜メロディのくり返しを活かすテクニック〜

新プロ直伝!作詞講座 第24回
 ”メロディくり返しを活かすテクニック

課題があります。講師が添削とアドバイスをします!)

講師:高瀬愛虹

メロディのくり返しとは?​

まずは下にある音源動画を聴いてみましょう。
サビの冒頭(音源の33秒あたりから)は、
5音→5音と同じメロディがくり返されています。

 
 
楽曲にはこのように、
同じか、または似たようなメロディがくり返すことが多いですよね。

今回はこのくり返しを活かした、
ワンランク上の作詞テクニックをご紹介します。
歌詞の先頭を揃えてくり返す
 
例1:好きなのに 好きだから 伝えられなくて
 
例2:好きなのに どうしても 伝えられなくて
 
例1と例2をそれぞれ、先ほどの音源に乗せて聞いてみて下さい。
 
例1は先頭の”好き”で揃えていて、
歌詞からも、繰り返しの印象を強く与えているのが分かりますね。
 
一方で例2はくり返しのメロディに対して、
特に歌詞では繰り返しの印象を強調していません。
 
歌詞の最後を揃えてくり返す

例3:いつまでも どこまでも 走り続けたい

例4:いつまでも 夢の中 走り続けたい

例3と例4の歌詞も、
それぞれ音源動画に乗せながら聴いてみて下さい。

例3は、
いつま「でも」どこま「でも」というように、
最後の「でも」を揃えて、
韻を踏むように、繰り返しの印象を強く与えています


例4は言わずもがな、
特に韻を踏むような形は取っていません。

 
歌詞も繰り返すことの効果

【例1&例3】と【例2&例4】を比べた場合、

【例1&例3】の方が歌詞を見た時に、
整理されてまとまっているように感じますよね?

見た目だけでなく、耳で聞いたときの印象としても、
メロディと言葉が記憶に残りやすく聴き心地も良くなります。

もちろん【例2&例4】が決して間違いではありません。

たくさんの楽曲が溢れている中で、
より記憶に残り、名曲を生むための一つのテクニックとして、
覚えてみて下さい。

 
今回の課題

課題曲に合わせて作詞をしましょう。

今回の課題曲は冒頭の音源動画になります。

・サビ頭は例1や例3のように、
繰り返しの印象を与えるフレーズにして下さい。


・サビ頭以外にも、メロディがくり返す箇所が複数があります。
そこを探して歌詞もくり返しの印象を与えるようにしましょう。

・どの部分を繰り返したのか、作詞以外に明記するようお願いします。


 

※音楽サプリの課題提出については、有料会員のみの受付となります。
※無料会員は課題提出・プロへの質問は出来ません。有料会員登録はこちらから

  • マスタードとは?
  • 回答者紹介

COLUMN

Backnumber

2020.05.21

サプリ記事

作詞講座25〜曲と詞の温度を合わせる〜

​新プロ直伝!作詞講座 第25回  &...

2020.03.28

サプリ記事

作詞講座24〜メロディのくり返しを...

​新プロ直伝!作詞講座 第24回  &...

  • 会員登録

質問カテゴリ(下記カテゴリから1つをお選びください。)

楽器

音楽制作・録音

音楽活動・進路・就職

その他の質問

回答ミュージシャン

回答ミュージシャンを選んでください。

質問する

閉じる

この質問の閲覧には有料会員の登録が必要です。

有料会員登録

> 有料会員登録の流れはこちらから

会員ログイン

Email
PASS

> 新規登録はこちらから

閉じる

質問するには有料会員登録が必要です。

Email
PASS

> 新規登録はこちらから