プロ直伝!作詞講座22〜オーダーに合う作詞《応用編2》〜

プロ直伝!作詞講座 第22回
 ”オーダーにあう作詞の構成
《応用編2》

課題があります。講師が添削とアドバイスをします!)

講師:高瀬愛虹


前回に引き続き、
オーダーに合う作詞をするために、
ポジティブな表現とネガティブな表現を意識しながら、
Aメロ→Bメロ→​サビの構成を、
事前にイメージして作詞する方法を課題を通してレクチャーします。


今回も課題から

失恋ソングを作詞してください。

世界観としては、

・昔付き合っていた恋人のことがずっと忘れられない、
主人公の歌。

・主人公は流れる月日の中で前向きになれたり、
また思い出してしまっては、踏み出す事ができない。

・同じような境遇の人に共感してもらえるような内容

・主人公は踏み出せないままではあるが、
最後に少しだけ光が見えるようにしたい。

ポイント1

まず、着地点から考えていきましょう。

主人公は踏み出せないままではあるが、
最後に少しだけ光が見えるようにしたい。


サビの一番最後のフレーズは、
少しだけ光が見える「少しだけポジティブ」で終わらせると、
良いことがわかります。


そして、その光が見える前で、
主人公は踏み出せない状況である必要があります。

Aメロ、Bメロと続いていくフレーズは、
着地地点であるそのフレーズに向かっていくことになります。


ポイント2

主人公は流れる月日の中で前向きになれたり、
また思い出してしまっては、踏み出す事ができない。​


最後のフレーズ以外は、
ネガティブなフレーズとポジティブなフレーズが、
入り乱れる必要があります。


★ポイント3

昔付き合っていた恋人のことがずっと忘れられない、
主人公の歌。​

月日が経っていることを示せるとベストです。
別れて月日が浅いと思われるようなフレーズは
書かないようにしましょう。


★ポイント4

同じような境遇の人に共感してもらえるような内容​

共感してもらえるように、
前向きなフレーズを書くときは、
無理やり感がないようにしましょう。

共感してもらえるフレーズは、
サビにあると「歌詞全体が共感できる歌詞」と
思ってもらいやすくなるので、
歌詞全体の印象も良くなりやすいです。

これまで挙げたポイントを軸として、
Aメロ→Bメロ→​サビという1番(1コーラス)の中で、
どんな構成にするべきか、
歌詞を書き出す前にイメージしてみましょう。


★Aメロ〜サビまでの構成



Aメロで主人公が失恋していることが、
提示できるとベストです。

Aメロ、Bメロでは、
流れる月日の中で、前向きになれたり、
思い出しては踏み出せない主人公を描きましょう。

サビに関してですが、
Aメロ、Bメロではもちろん、
共感できるフレーズがあっても結構です。

しかしサビでは、できれば1フレーズは、
失恋の気持ちを歌ったフレーズでの
共感度が高いもの
があるとベストです。

そしてサビの一番最後のフレーズは、
少しだけ光が見える、
「少しだけポジティブ」で終わらせましょう。

そのフレーズの前の主人公は、
踏み出せていない状況です。

構成がイメージできたことで、
取り掛かれるような気がしてきましたでしょうか?

それでは今回、レクチャーしたこと活かし、
課題曲を作詞してみましょう。


※課題曲の著作権は全てマスタードに帰属します。
課題提出の目的以外での楽曲の無断転用を禁じます。
 

※音楽サプリの課題提出については、有料会員のみの受付となります。
※無料会員は課題提出・プロへの質問は出来ません。有料会員登録はこちらから

  • マスタードとは?
  • 回答者紹介

COLUMN

Backnumber

2019.09.11

サプリ記事

プロ直伝!作詞講座22〜オーダーに...

プロ直伝!作詞講座 第22回  &rdq...

2019.08.09

サプリ記事

プロ直伝!作詞講座21〜オーダーに...

プロ直伝!作詞講座 第21回  &rdq...

  • 会員登録

質問カテゴリ(下記カテゴリから1つをお選びください。)

楽器

音楽制作・録音

音楽活動・進路・就職

その他の質問

回答ミュージシャン

回答ミュージシャンを選んでください。

質問する

閉じる

この質問の閲覧には有料会員の登録が必要です。

有料会員登録

> 有料会員登録の流れはこちらから

会員ログイン

Email
PASS

> 新規登録はこちらから

閉じる

質問するには有料会員登録が必要です。

Email
PASS

> 新規登録はこちらから