プロ直伝!作詞講座18〜どこから書き始める?《前編》〜


プロ直伝!作詞講座 第18回 ”歌詞はどこから書き始める?《前編》

講師:高瀬愛虹




「歌詞はどこから書き始めればいいのか?」疑問に思ったことがありませんか?

自分なりの書き始め方が決まっていても、
他の人はどうしているのか気になりますよね。

歌詞は、どこから書き始めなければいけないという、
決まりはありません。

自分が書きやすく、実力を発揮しやすいスタイルで書いて大丈夫です。

今回は、「歌詞はどこから書き始めればいいのか?」について、
私が普段気を付けているポイントについてレクチャーをしていきます。

こんな書き方もあるという参考にして頂けたら嬉しいです。


重要なフレーズから書き始める

私は、大体最初にサビかタイトルから書いて、
その次にAメロの歌い出しを書くことが多いです。

まとめると大体↓のこんな順番です。

・サビとタイトルを中心に全体の構想を練る
・サビ
・Aメロ
・Bメロ
・2番以降

なぜこの順番かというと、
これまでの作詞講座でお伝えしてきた通り、
サビ、タイトル、その次に歌い出しが、
歌詞の中で記憶に残りやすい部分であったり、
最初に耳に目にしてもらうことが多い重要な部分だからです。


★使いたいフレーズリストを作る

書き始める前に1番最初にするのは、
どんな歌詞にするのか模索しながら、
まずは言葉数を気にせずに思いつけるだけ、
「こんなフレーズを入れたい」というリストを作ります。

同時にタイトル案も候補を思いつけるだけ用意します。


サビの構想を考える

そして、「こんな風に1番を終わりにしたい」
という方向性を(前向きな印象で終わりたいなどを)
改めて考えて、そこに向かって書いていきます。

この1番の終わりの方向性は、
サビから書き始めても最後に残して、
AメロやBメロを先に書いて全体のバランスを見て締める場合もあります。


タイトルを決めてから作詞する

「魅力的なタイトルが思いついた!」という場合は、
タイトルから中身を膨らませていくことも多いです。

タイトルを決めてから書き始めた方が、
全体がまとまっていて分かりやすい歌詞が書けます。

歌詞を書いている途中や書き終えた後に、
タイトルを変更することもありますが、
タイトルが決まっていない状態で書き始めることはないです。


2番以降の書き順

2番以降は、「2番Aメロから」、「2番のサビから」、
「Dメロから」、「間奏開けの最後のサビから」など、
決まっていません。

1番を書き始める前から、
全体の構想をはっきりと決めている場合と、
何となく決めている場合、
1番を書き終えてから構想を練る場合など様々です。


今回は、私が実践しているどこから歌詞を書き始めて、
どの順番に作詞をしていくか、
基本的なパターンについてお話しました。

次回は、その他に事前に考えておいた方が良いポイントや、
気をつけるべきポイントについてお話していきます。


※今回の音楽サプリは、
課題曲による作詞の課題はありませんが、
ご自身で用意した楽曲に対し、歌詞をつけたものや、
歌詞だけをお送り頂く形でも構いません。
講師の高瀬氏からてんさくを受けられます。

マスタードの有料会員の方は、
​通常の質問欄からご送付下さい。
 

※音楽サプリの課題提出については、有料会員のみの受付となります。
※無料会員は課題提出・プロへの質問は出来ません。有料会員登録はこちらから

  • マスタードとは?
  • 回答者紹介

COLUMN

Backnumber

2019.06.22

サプリ記事

プロ直伝!作詞講座20〜オーダーに...

プロ直伝!作詞講座 第20回  &r...

2019.06.03

サプリ記事

オーケストレーション講座4〜音色の...

オーケストレーション講座 第4回 ...

  • 会員登録

質問カテゴリ(下記カテゴリから1つをお選びください。)

楽器

音楽制作・録音

音楽活動・進路・就職

その他の質問

回答ミュージシャン

回答ミュージシャンを選んでください。

質問する

閉じる

この質問の閲覧には有料会員の登録が必要です。

有料会員登録

> 有料会員登録の流れはこちらから

会員ログイン

Email
PASS

> 新規登録はこちらから

閉じる

質問するには有料会員登録が必要です。

Email
PASS

> 新規登録はこちらから