プロ直伝!作詞講座⑩〜歌いやすくする方法〜


プロ直伝!作詞講座⑩「歌いやすくする方法」
講師:高瀬愛虹 


★はじめに★

前回の作詞講座⑨では、
作詞した歌詞を実際に歌って録音する事の大切さをお伝えしました。

今回は、前回ご紹介した以外の、
「歌いやすい言葉」と「歌いにくい言葉」を
ご紹介していきます。


★フレーズの先頭に気を付ける★

フレーズの先頭、
特にAメロの歌いだし
サビ頭は引っ掛かりがあり、
強い響きの言葉をもってくると、
聞き取りがしやすく、しっくりします。

勢いがあり、強い言葉としては、
カ行”と”濁音”があります。

反対に響きが弱い言葉は、
ハ行”と”サ行”です。
この2つはフレーズの先頭には不向きで、
言葉のメロディーを選びます。

しかし、
必ずしもフレーズの先頭は、
カ行と濁音にして、ハ行とサ行を
使っては行けないという事ではありません。

メロディによって合う言葉と
合わない言葉がありますし、
歌いやすく聞き取れる事を優先して下さい。

使い方としては、
もしフレーズ頭が弱いと感じた場合、
そこにハ行とサ行に注目し、
別の言葉に変えてみるといいでしょう。

ハ行やサ行以外でも弱いと感じたら、
カ行と濁音に置き換えてみると、
しっくりくる事が多いです。


逆にゆったりとしたバラードで、
やさしい印象を付けたい時は、
強い言葉はさけるのもテクニックの一つです。


★実践してみる★

ここからは、応用テクニックとして、
BPM150の次のようなフレーズがあるとします。

(図1)


速いテンポで16分音符が続くので、
かなり細かく刻み、言葉を選ぶメロディですね。

(図2)


歌いやすく、聞き取りやすくする為に、
4拍子のリズムに合わせてみましょう。

ここでは、4、4、4、5で区切れる言葉をはめて、
更に先頭に強く歌いやすい言葉を持って来ると良いでしょう。


(図3)


例えば、
”うして””んなに””なしい””もちなの
というように、

カ行と濁音が先頭にくる言葉
はめてみます。


こうすると歯切れよく、
速いテンポにあったフレーズになりましたね。

(図4)


今度は先頭の言葉も含め、
カ行と濁音を避けてみました。

歌い比べると、
図3の方が、カ行と濁音が引っかかりになるので、
歌いやすい事が分かりますね。

このように、どんな言葉が
歌いやすく・聞きやすい言葉”か?
歌いにくく・聞きにくい言葉”か?
を意識しながら作詞をすると、

「歌いにくいな」と感じた際に、
どの言葉が原因で、
どんな言葉に書き直せば良いか?

が分かってきます。


皆さんもこれらの事を気をつけながら、
作詞をしてみて下さい!

※今回の音楽サプリは内容の特性上、
 課題の提示はありません。ご了承下さい。

作詞講座は今回で一旦、休止になります。
次回は2017年11月に再開予定です。

 

※音楽サプリの課題提出については、有料会員のみの受付となります。
※無料会員は課題提出・プロへの質問は出来ません。有料会員登録はこちらから

  • マスタードとは?
  • 回答者紹介

COLUMN

Backnumber

2017.09.01

サプリ記事

ストリングス・アレンジ講座 第7回 ...

プロ直伝!ストリングス・アレン...

2017.08.06

サプリ記事

ストリングス・アレンジ講座 第6回 ...

プロ直伝!ストリングス・アレン...

  • 会員登録

質問カテゴリ(下記カテゴリから1つをお選びください。)

楽器

音楽制作・録音

音楽活動・進路・就職

その他の質問

回答ミュージシャン

回答ミュージシャンを選んでください。

質問する

閉じる

この質問の閲覧には有料会員の登録が必要です。

有料会員登録

> 有料会員登録の流れはこちらから

会員ログイン

Email
PASS

> 新規登録はこちらから

閉じる

質問するには有料会員登録が必要です。

Email
PASS

> 新規登録はこちらから